山城ガイドツアー

龍野古城

山城ガイドツアー 龍野古城

 

播磨一帯を勢力下においていた赤松氏の一族・赤松村秀が15世紀後半頃に、鶏籠山(標高211m)山頂に築城したとされます。
以来、政秀、広貞、広英と龍野赤松氏の居城として使われました。
1577(天正5)年、羽柴秀吉による播磨侵攻で開城。秀吉の軍門に下ってからは、蜂須賀正勝や福島正則ら秀吉配下の家臣が城主となりました。
山頂には城の要となる本丸が築かれ、その傍には城山八幡宮があり、本丸から南の尾根上には、二の丸が築かれていました。
野面積みの石垣や土塁、竪堀が残っており、中世山城の雰囲気を漂わせています。
江戸時代になると、山麓に龍野城が築城され、廃城となりました。

龍野古城の情報

標高:211m
主な城主:赤松村秀、赤松政秀
形態:連郭式山城(中世)

龍野古城ガイドツアーの情報

所要時間:○○分
難易度: 初心者~
体力:★★★☆☆
技術:★★★☆☆
駐車場:龍野公園駐車場
トイレ:龍野公園内のトイレ
ツアー料金:   円(1人当たり) ※最低催行人数○○人

ガイド情報


龍野古城ガイドグループ

山城跡に続く登山道が整備されており、所々に「土塁跡」や進路を示す掲示板があるので初心者でも上りやすい城です。
コース沿いには小規模な石積みが散見され、二の丸跡のひらけた削平地へ。
さらに登ると、曲輪の土台となった石垣などが姿を見せます。野面積みながら整然としており、重要な建物が建てられたことが想像できます。
本丸跡には説明版と石碑が立ち、往時をしのばせてくれます。様々な遺構が比較的良好な状態で各所に残っており、見応え十分です。

お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

アクセス