山城ガイドツアー

白旗城

山城ガイドツアー 白旗城

鎌倉幕府を打倒しながらも、赤松円心は「建武の新政」下で後醍醐天皇に疎まれたことから、処遇に不満を持ち反旗を翻した足利尊氏に味方することに。
しかし、尊氏は京で敗れて西へ敗走。
円心は、九州に落ち延びて捲土重来を期すよう尊氏に策を授けました。
1336(建武3)年、尊氏を追撃するため、新田義貞は6万の大軍を率いて、播磨に進撃します。赤松円心は白旗山(標高440m)の山頂に白旗城を築き、
わずか2千の手勢で立てこもり、50日以上にわたって新田軍に抵抗。
その間、円心は三男・則祐らを九州に派遣して尊氏に援軍を依頼し、大軍を率いた尊氏が東進を始めたため、新田軍はやむなく京に引き返しました。
白旗城の攻防戦は、再起を期した尊氏の反転攻勢の原動力になった戦いと言えます。
その後も、白旗城は赤松氏の中核拠点として固守された難攻不落の名城です。
この史実にならい、「落ちない城・白旗城」として受験生らに、合格祈願の絵馬奉納などを通じて地域の活性化に取り組んでいます。

白旗城の情報

標高:440m
主な城主:赤松円心
形態:連郭式山城(中世)

白旗城ガイドツアーの情報

所要時間:○○分
難易度: 中級者~
体力:★★★★☆
技術:★★★★☆
駐車場:あり
トイレ:山中に一箇所
ツアー料金:   円(1人当たり) ※最低催行人数○○人

ガイド情報


白旗城ガイドグループ

「落ちない城」と言われた白旗城は赤松氏の中核拠点です。
この城の他にも上郡町を中心に「上郡アルプス」と言われる山々があります。
「天然の要害」としても知られており、登るにはトレッキングシューズがお勧め。
合格祈願絵馬は、上郡町観光案内所や赤松公民館、白旗山麓(赤松登山口)で入手でき、河野原円心駅、白旗山麓、山頂の3か所に絵馬掛け所が設置されています。

お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

 

アクセス