山城ガイドツアー

利神城

山城ガイドツアー 利神城

利神城は、佐用町平福(ひらふく)にある標高373メートルの利神山(りかんざん)の頂上に築かれた山城で、
平成29年に国指定史跡に指定されました。山上の三層の楼閣は、雲を衝くがごとき威容から「雲突城(くもつきじょう)」と呼ばれました。

麓の平福の町並みは因幡街道の宿場町として栄えた名残を多くとどめており、お城の風景と併せて散策を楽しむことができます。

石垣の崩落など危険箇所が多いため、現在も補修工事が進められており、一般の方の入山は禁止されています。
佐用山城ガイド協会が実施する「利神城ガイドツアー」と同伴に限り入山が可能です。

歴史

貞和5年・正平4年(1349年)に赤松氏の一族である別所敦範(あつのり)により築城されました。

天正6年(1578年)に尼子勝久に攻められ落城しますが、上月合戦により尼子氏が滅亡すると宇喜多氏の所領となります。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦の後、池田輝政の甥である池田由之(よしゆき)が平福の領主となり、
5年の歳月をかけて三重の天守や総石垣の郭を設けるなどの大改修を行いました。しかし、その万全の備えであるがゆえに、
幕府から警戒されることを恐れた池田輝政の命により、天守を破却することになったとの伝承が残っています。

利神城の情報

標高:373m
主な城主:別所敦範、宇喜多直家、池田由之
形態:連郭式山城(中世~近世)

利神城ガイドツアーの情報

所要時間:240分(10:00~14:00)
難易度: 初級者~中級者
体力:★★☆☆☆
技術:★★☆☆☆
駐車場:「道の駅宿場町ひらふく」を利用 バス駐車可
トイレ:「道の駅宿場町ひらふく」を利用
ツアー料金: 3,000円(1人当たり) ※お弁当つき
ガイド実施曜日: 火曜日・日曜日
2名様よりガイド可能
※公式ガイドを伴った登山となります。
2022年のガイド予約はすでに満席となっています。

お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

ガイド情報

佐用山城ガイド協会

今は、ガイドとともにしか登城することができない利神城。
三の丸から見上げる天守は、「マチュピチュ」を思わせるものです。
山頂の城跡は登らなくても周辺からはっきり見え、なかでも朝霧に浮かぶ姿は幻想的です。
城下町だった平福は、因幡街道の宿場町として栄え、古い町並みが現存します。

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

 

アクセス