山城ガイドツアー

感状山城

山城ガイドツアー 感状山城

 

築城時期は定かではありませんが、1336(建武3)年、赤松円心の三男・則祐が築いたとの説があります。
父・円心が足利尊氏討伐に向かった新田義貞軍を迎え撃つため、円心が白旗山に山城を建造したのに応じて建造したとされ
、後に幕府を開いた足利尊氏が則祐に感状を与えたことから、感状山と呼ばれるようになったといわれています。
一方で、「播磨古城記」などによると、鎌倉時代に瓜生左衛星門尉が建造したとの記述もあります。
相生市矢野町瓜生と森にまたがる感状山(標高301m)の尾根に位置し、石垣や曲輪などの建物跡などが数多く残っています。
ただ、その構造から後世に改修されたのではとも考えられ、感状山城は時の権力者に大いに活用され続けたと言えるでしょう。

コース

周辺駐車場 → 感状山城→周辺駐車場
ランチはホテル万葉岬などがオススメ。周辺には羅漢の里などの観光施設もあります。
感状山までは相生駅からバスで約20分です。

感状山城の情報

標高:301m
主な城主:赤松則祐
形態:連郭式山城(中世)

感状山城ガイドツアーの情報

所要時間:○○分
難易度: 中級者~上級者
体力:★★★☆☆
技術:★★★☆☆
駐車場:あり。
トイレ:里の店のトイレ
ツアー料金:   円(1人当たり) ※最低催行人数○○人

ガイド情報

感状山城ガイドグループ

山頂からは絶景が広がり、眺めも爽快です。
地元の相生市では、道の駅白龍城がおすすめスポット。
地域の特産品市場やレストラン、温泉も併設。周辺にはキャンプやバーベキューが楽しめる羅漢の里もありますよ。

お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

 

アクセス