山城ガイドツアー

感状山城

山城ガイドツアー 感状山城

 感状山城(かんじょうさんじょう)は、相生市矢野町瓜生(やのちょううりゅう)と矢野町森に
またがる、標高301メートルの感状山(かんじょうさん)の尾根上に築かれた山城です。
昭和60年度から3カ年をかけて行われた発掘調査の結果、建造物の遺構が多く発見され、
曲輪(くるわ)群の全貌が明らかにされました。
現在見られる総石垣構造の遺構は戦国期のものとされますが、当時の史料になく、謎の多い山城です。
眺望に優れ、壮大な石垣と曲輪群、礎石建物跡・井戸跡などが残り、盛時を偲ぶことができる
播磨地方の代表的な中世の山城の遺構です。

歴史

建武3年(1336年)足利尊氏(直義)軍と後醍醐天皇方の新田義貞軍が豊島河原で合戦に及び、
敗れた尊氏らは九州へ落ちて再起を図ります。西へ落ちる尊氏を助けて、義貞軍を播磨で50日余りにわたって足止めしたのが
赤松円心(則村)・則祐(赤松則村の三男)です。これにより尊氏は反撃の機会を得ることができました。
感状山の呼称は、この功績により、足利尊氏から感状をたまわったことに由来するといわれます(「播磨鑑」「播磨古城記」)。

コース

周辺駐車場 → 感状山城→周辺駐車場
ランチはホテル万葉岬などがオススメ。周辺には羅漢の里などの観光施設もあります。
感状山までは相生駅からバスで約20分です。

感状山城ガイドツアーの情報

所要時間:120分
難易度: 初級者~中級者
体力:★★★☆☆
技術:★★☆☆☆
駐車場:あり。
トイレ:里の店のトイレ
ツアー料金:参加10名まではガイド1人で1グループ5,000円 ※最低催行人数2人

 お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

ガイド情報


感状山城ガイドグループ

山頂からは絶景が広がり、眺めも爽快です。
地元の相生市では、道の駅白龍城がおすすめスポット。
地域の特産品市場やレストラン、温泉も併設。
周辺にはキャンプやバーベキューが楽しめる羅漢の里もありますよ♪

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

アクセス