山城ガイドツアー

長水城

山城ガイドツアー 長水城

 

南北朝時代に播磨守護・赤松則祐が長水山(標高584m、宍粟市山崎町五十波ほか)に築いたとされ、「嘉吉の乱」以降は赤松政則が一門の名家・宇野氏を城主に任じました。
宇野氏は宍粟郡周辺にも支配を広げ、龍野赤松氏と並ぶ地域領主に成長。
数多くの配下を従え、長水城を中心にして各地に城郭を造らせました。
羽柴秀吉の播磨攻めの際には最後まで抵抗しましたが、1580(天正8)年に落城しました。
山城は、山頂の本丸を中心に、三方に延びる尾根に曲輪が築かれ、山麓には平時の居館跡が残っており、西播磨にその名を轟かせた宇野氏にふさわしい堅固な山城です。
本丸跡には、宇野氏の家臣の菩提を弔うため日蓮宗信徳寺が建立され、宇野氏の一族郎党の供養塔も残されています。中世山城にしては珍しい高石垣が残っています

長水城の情報

標高:584m
主な城主:広瀬師頼、宇野政頼
形態:連郭式山城(中世)

長水城ガイドツアーの情報

所要時間:○○分
難易度: 中級者
体力:★★★★☆
技術:★★★★☆
駐車場:伊沢の里駐車場をご利用いただけます。
トイレ:伊沢の里ふるさと広場内。
ツアー料金:   円(1人当たり) ※最低催行人数○○人

ガイド情報

長水城・篠ノ丸城グループ

お申し込みはこちら

お申込はこちらをクリック

アクセス